topimage

2017-08

球体関節人形の製作過程その3 - 2016.09.04 Sun

人形を作っていて一番違和感を覚えたのが刃物の選定です。
最初は安くてどこでも手に入る切り出しカッターで削っていましたが余りにも使いづらくてなりません。
刃の峰を親指に当てて使うんですが刃物自体が薄くてすぐに手が痛くなってきます。
これでは長時間削っていると嫌になりますよね。

会社で使っている刃物は切り出しと言って片刃の少し厚めのものです。
柄はついていません。ついていると細工に使えないからです。

それと同じものを購入してきました。右が新しく購入したものです。

IMGP8394.jpg

IMGP8395.jpg

このように裏が凹んでいます。なので、材料に対して接触面積が少なくサクサク削れるわけです。
刃のつけ方も角度が全然違いますね。かなり鋭角です。




IMGP8396.jpg

峰の厚みも倍ほど違うんで痛くありません。


IMGP8427.jpg

もっと小さな細工をする箇所はノミがあればいいんですが、廃材を利用して作ります。
一番右が幅3mmほどの自動車のワイパーの当て板です。ステンレスのバネ鋼なんで硬いのですよ。
グラインダーでちゅいーんと削れば早いんですが焼き戻ってしまうんでここは砥石でゴリゴリ削っていきます。

平ノミと切り出しを作りました。



IMGP8398.jpg

で、調子こいて削っていくとどんどん崩壊していきます…




IMGP8409.jpg

一旦バランス取りのため頭をくっつけてみます。ウィッグは前のモデルのものです。


IMGP8418.jpg

もう少しお姉さんぽい顔にしようか思案中


IMGP8421.jpg

手はこんな感じ


IMGP8425.jpg

あまり作り込まずにシンプルにバランスよくを心がけて…






つづく


関連記事

● COMMENT ●

良い感じだなぁ。

 顔はこの方向性が、他にない個性が出ているようで私は好きです。
物憂げな、何か言いたそうだけど言わないのか、言えないのか・・そんな感じに思えて、ドラマがある。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rousocks.blog.fc2.com/tb.php/926-f866586c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

待ち伏せpert2 «  | BLOG TOP |  » ラッキーストライク

プロフィール

エンドー

Author:エンドー
*
落書きとバイクのお話とか
家族のちょっとした出来事を
綴ってます。

カウント

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

落書き (488)
ELIMINATOR 400SE (33)
昭和の特撮ヒロインシリーズ (23)
TRICKER (73)
PIAGGIO CIAO (4)
SEROW 3RW1 (8)
SEROW 3RW3 (6)
ご家庭のイベント (93)
庭 (33)
猫 (35)
DIY (40)
ヤエーv(・∀・)yaeh! (9)
音楽 (3)
自主的営業 (2)
超目分量料理 (17)
未分類 (44)
メンヘラ (55)
創作人形 (28)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR