topimage

2014-07

いい風! - 2014.07.30 Wed

209.jpg






アンデス山中のチチカカ湖

トトーラ舟を操る少女
トトーラ舟、日本で言うところの葦のような植物を束ねて作ったこの地方独特の舟
中が空洞で浮力があるのです。



トリッカーのスイングアーム - 2014.07.26 Sat

トリッカーのスイングアームのメンテナンスします。

まぁ、汚れはいいとして、ボコボコのガリガリ。チェーンガードの溶接もそろそろやばいって感じ。

IMGP6705.jpg




滅多に外すことないんで、ついでにグリスアップしておこう。ここは指定モリブデングリスか。

IMGP6706.jpg





妻が寝たのを見計らってまたも台所で洗い作業。
サンエス使ってます。

IMGP6711.jpg





まぁ、少しはパテ使うかな?

IMGP6714.jpg





翌朝、もげそうなところを溶接。

IMGP6716.jpg




マスキングして錆止めして、シルバー塗って

IMGP6722.jpg




少しは見られるようになったかな?

IMGP6758.jpg



あ、余った塗料でフレーム塗っとこ。





つーかまえた - 2014.07.25 Fri



208.jpg




インカにほど近いケロ村の少女

おとなしいリャマやアルパカは
子供が世話します




トリッカーのタンクサイドカバーの修繕 - 2014.07.23 Wed

さて、先回に引き続き修繕を行っていきます。
こんなん新品買えばいいじゃんっていう方もいるでしょうが、
片側、なんとASSY10908円もするのです。両側21816円です。
これは痛い。こんなだったら、ブーツでも新調します。

オークションにもフューエルインジェクションタイプのカバーは
稀にしか出てきませんからね~。
ただ運良くこの時期に程度のいいのを多少欠品はありますが
見つけて少々高値の中古品を落札しました。

でもこれをつけて走ってもワタシらしくないので直しにかかります。
塗料代、PPプライマー1500円サーフェーサー800円MCペインター1500円ウレタンクリアー2500円これはタンクのあまり。
あとは適当に家にあるのもで済ませます。
紙やすりとかマスキングテープとか。もちろん100円ショップです。

そういえば最近、マスキングテープってカラフルですね。ラッピングの装飾に女子が使うらしくて萌えますね。
3m100円だぁ?ざけんな。
そそられますが、ここは10m3本100円のを買います。

で、クランケです。
度重なる転倒、谷落ちでボコボコで右片側は亀裂が入っています。

IMGP6658.jpg



下地を作るので音叉マークをはがします。
粘着剤が強烈ですので、まずはカッターで両面テープをスライスして、マークを取り除き
残った糊を白ガソリンを含ませたウエスで覆い尽くします。

IMGP6659.jpg

この間10分程度。あまり長くやると下地の塗装を痛めます。もう痛んでますけど。
新入社員の頃、自動車のマーク剥がしに編み出した技です。会社でも評判です。

IMGP6660.jpg

こすらずにメリメリとはがれます。これが利点ですね。待ってる間はほかの作業ができます。
時は金なり。

割れた箇所を以前にやったPP溶接でくっつけていきます。
ここは応力がかからないのでフェンダーより楽チンです。
多めに盛り上げて、平滑面を当金とオービタルサンダーで出していきます。

IMGP6662.jpg
IMGP6663.jpg
IMGP6664.jpg


裏も…

IMGP6665.jpg



ざっくり修正ができたところでPPプライマーを軽く吹き付けて塗装のノリをよくします。
まぁ、中身はほぼアセトンなんですよね。

IMGP6682.jpg



サフを吹きます。ここで、少し疑問。なんか面が破綻している。
立体構築のセオリー通りに面がつながっていないのです。
わかりやすく言うと、凸のキャラクターがあらぬところで消えかけてまた復活してるんです。

IMGP6666.jpg

IMGP6675.jpg


オリジナルはどうかというとご覧のとおり。ハイライトはヨタヨタです。
上から見ると完全に食い込んでますね。後ろの立体と接合できてない。

IMGP6677.jpg


ほかに設計思想的な理由を考えると乗車時にできるだけ滑らかな膝当たりにしたいなどあるかもしれませんが、
足付いてる時ですら当たりませんからここ。あ、ワタシのバックステップだから少し条件が違うか。
言いがかりですね。すみません。

樹脂部品だからって舐めてますね。
多少は成形時に厚肉部のヒケなどでますので板金部分よりはシビアではないのですけど。

こんなん、我々の作業の中では出荷停止、形修正xxx万円コースです。

かと言って相手はPPで弾力があるので、PP用とはいえパテは使いたくないところ。
うっすら薄づけで面を修正させてもらいます。完全に治すには後1mm盛らんといかんでしょうね。
そしたら少し曲げたらまた割るので、このへんで我慢しておきます。

IMGP6668.jpg

IMGP6673.jpg


で、サフ吹いてシルバーで中塗りして、クリアー吹きます。タンクの塗料が余っていたのでここもウレタン塗装にしました。
乾燥時、硬度が高いので擦り傷等に強いのです。
鉛筆の硬度で言うとHBくらいでしょうかね。
ちなみに、海外の家具の塗装やピアノなどは2H~6H位の高度です。

IMGP6681.jpg

IMGP6686.jpg

IMGP6699.jpg



この時しくじったのは、猫が塗装中に脱走したのです。それを追い回しているうちに日が落ち、急激にワークの
温度が下がり、クリアーを吹く頃に曇りが発生してしまいました。急いでドライヤーで温度を上げ、
湿度を取りましたが、時すでに遅し。乳白色です。

翌日塗り直しかと思って、物を確認すると、あら不思議。曇りが消えてます。多少は残っているのですが
サンディングしてコンパウンドで磨けば艶が戻ってきました。
よかったぁ、ウレタン塗料高いんですよ。



あとはサイドのアクセントの加飾をグルーガンで貼り付け終了。

IMGP6701.jpg

IMGP6702.jpg


さて新品の音叉マークっと…一個1512円…ふざけやがって。ハイボスカルのペナペナが。
オークションでもタイヤマハのが980円…
もういい。前の貼り付けて我慢だ。

貼るんは組みあがってから水平出してからね。これ鉄則。

次回、スイングアームの修正に続く。







皆様ご無沙汰しております。トリッカーのタンクの修繕 - 2014.07.20 Sun

バイクの話もご無沙汰ですね。

以前からバイク仲間に「ボロくなったなぁ」と言われてたトリッカー。
少し乗れない時間ができたので、修理してみることにしてみました。

IMGP6144_201407200141122ec.jpg

IMGP6509_20140720014113b33.jpg

ま、約2年くらいでこの程度で済んでますw
派手に凹んでます。タンクの容量が減っているのは道中不安なので、パテ埋めで直すのではなくて
スライドハンマーで引っ張り出します。
角ワッシャを半田で溶接してガツンと衝撃を与えると、素直に出てきます。
タンク後部はインジェクション車なので手が入るポンプのスペースがあるからドリー(当金)とハンマーで板金できました。

IMGP6641.jpg


粗だしができたら、少しドリーとハンマーで均して、できるだけパテを使わないように平滑にしていきます。
でもそこは素人板金ですのでそこそこに。

IMGP6644.jpg


ポリパテをつけていきます。えーと、どんな意匠だったっけ?

IMGP6647.jpg


ある程度研いだら、サランラップと棒状の蛍光灯を使ってハイライトを確認します。妻にバレぬよう夜中の台所で。
タンク上部の凹Rが難しいのです。会社のモデラーの道具があれば楽なのですが。

IMGP6648.jpg


足らぬところに足していき多いところは削っていきます。

IMGP6651.jpg


一度サフェを吹いて、全体の調子を見ます。玄関がすごいシンナー臭なので扇風機で外に風を送ってます。

IMGP6655.jpg


再度、面の確認をします。ややよたりが目立つので、固く薄い木材に紙やすりをつけて平滑を出していきます。
ま、また凹むはずですのでそこそこに。(笑)

IMGP6679.jpg

IMGP6657.jpg


満足したら、上塗りです。ホントはシルバーのサフェが下塗りなのですけど、高いからやめ。
色はオリジナルのオレンジメタリック。デイトナのMCペインターです。この位の大きさなら1缶で済みます。

IMGP6690.jpg

ここで1週間置きます。下地のシンナーが完全に揮発しないと、上塗りが捲れてくるのです。



上塗りは2液性のウレタン塗料を使います。これはガソリンに強いのです。

IMGP6697.jpg

あいにく曇りなので、写りは良くないですが、ほぼ新品同様になりました。

また、お会いしたときにでも見てやってくださいw

次回はサイドカバー編ですwwwwww








近況報告
ご心配おかけして申し訳ございません。
せっせとリハビリ始めてます。

体が思うように動かせないので、オンロードならオートバイ転がせるけど
オフロードは肩や腰、背中が痛くてコケると引き起こしもできないし、ましてや
こけるときは平地ではないですからね。(笑)

ということで、しばらく療養生活を続けてる訳ですが、
病気自体は心因的なものがメインなので、多少の運動は必要なのです。
体の痛みも、心のケアを心療内科に行きながら、整骨院に通って歪んだ脊椎、諸々を
矯正してもらった結果、ある程度いけるんじゃないかと思えるところまで自分で思えるようになりました。
右腕も肩も少し痛みはありますが鉛筆使う絵くらいは描けるようになりました。




とは言うものの、最初のうちは息をするのすら億劫に感じるほどやる気を失っていました。
すべてが面倒くさいのです。仕事も、家事も、人間関係も。

いろんな本を読みあさりました。病院の先生とも話しました。
自分には支えなきゃいけないものがあるという自覚が残っているうちに
なんとかしないとと思っておりました。

でもそれがいけなかったみたいですね。
認知療法というのがこの分野で広まりつつあるのですが
それを全くトレースするとかえって気が滅入ってしまったのです。
ただ、最新の方法でもあるので、ある一点のみ自分に合うところを見つけて
試しに行ってみました。

それは、怠惰な自分を許すこと。「あぁ、面倒くさいからもうやめておこう」
これを口に出して自分に言い聞かせるのです。
そしてその自分を心から許すのです。

今までの自分には考えられない行動です。面倒くさい=悪です。
そうやって今まで考えて生きてきました。
でもそれが今まで自分を蝕む原因だったのだといまさら気がつきました。
思い起こせばこれは中学校2年くらいの時に担任から言われていたことでした。

決して自分で全部出来る訳ではないのだけれどやり遂げなければ満足できない
できなかったときは塞ぎ込むその繰り返しでした。

そこに、「怠けてもいいんだ」なんて発想はまず出てきませんでした。
仕事そっちのけで、廊下で立ち話している後輩なんか見ると怒りすら覚えました。

でもワタシにはその怠けのかけらが微塵もなかったんですね。
だから、自分の思う通りに相手が動いてくれないと、叱責しましたし、
他部署の方との喧嘩も耐えませんでした。
この行為は交渉であって、強く言うことは相手を鼓舞するためにやっているのだと。

いつしか、相手の信用も失い、妻からもどう扱っていいのかわからないと言われる始末。

ここ最近でようやくそんな自分を許すことを覚えました。
考えすぎ。だって、性分だから。でもそれじゃ変わらないよ。
じゃぁ、考えすぎないことを許そう。こんなやりとりを自分の中でやっていると少しだけ
気分が楽になりました。

でもまだ出発点なのですね。以前の生活を取り戻さねば!
あぁ、これがイケナイ。まぁ、ゆっくりやりますよ。時間は思うほどないですけどね。







極地で - 2014.07.20 Sun

イッカクの角でアザラシにとどめを刺す
イヌイットの少女


207.jpg




野菜の採れない局地ではアザラシや魚が貴重なビタミン源。
捕獲する道具や衣料、燃料、様々なものに使われる。

当然乱獲などしない。
自然のままありのままに彼らは極地で生きる。




小さな射手  - 2014.07.18 Fri



206.jpg






ラプランドのラップ人の少女

トナカイを射る



バタフライ - 2014.07.17 Thu


北米南西部ホピ族の少女

205.jpg









ホピ族の少女特有の「蝶形の髪を結う」
それにしてもメキシコ付近は刺繍がとても素敵~
鉛筆で表現しようと思ったら30分~1時間程度じゃ描ききれないや。
紙と鉛筆も選ばなきゃ。(そんなつもりはしばらくないので100均ですけど)

手が込んでる愛情の証。
男にとっては武の証。(男性は描かんけどw)

大手巨大スーパーにメキシコ、インド雑貨屋さんとかあるけど、やっぱ日本人受けするように
やや間引いた感じがあるのね。
これは致し方ないこと。そのまんまだとコスプレになっちゃうかもw

でも、刺繍は一度本物を万博で見せてもらったけど、それは凄かったなぁ。
現地に行かないと多分手に入らないだろうね。



図鑑で眺めてると着衣姿がないんですよ。大抵服だけ。びろーんと広げて写真が載っているだけ。
こんなの衣装図鑑じゃないよね~。
やっぱ現地の人が着衣してくれないとイメージはそこ止まり。

だから想像するんです。この子は図鑑では違う服着てるんですけど、別のページの鮮やかな服を着ると
どんな表情になるんだろうって。


久々に鉛筆オンリーで書いてみるのも楽しいね。落書きは気軽でいい。






夏の入り - 2014.07.15 Tue

梅雨が明けた?が、三河の山には降らず
大丈夫かなぁ水瓶。


204.jpg







娘用にこんなセーラー水着を探しに行ったんですが、
通販でしか売ってないのかなぁ?見かけなかった(゜´Д`゜)




proud one  - 2014.07.13 Sun




203.jpg





イスラエルの花嫁
美しくそして重厚な伝統ある装束を身にまといこれから
新しい道を歩んでいくのだろう。

彼女はイエメンから移住してきたユダヤ人だ


アメリカに支配された東の外れの島国の住人が
この国にとやかく言うことはナンセンスかも知れないが
この花嫁たちの幸せを何世紀にも及ぶ文化を
誇りにかけて守っていこうという気があるのか。


無差別な空爆とテロの違いって何だ?

報復には報復で応える
日本人ジャーナリストが動画を配信している。
今も絶えず軽すぎる自動小銃の音に命が奪われている。

やめたい
でもやめられない
それが現状なのだろうか。



アオザイ - 2014.07.12 Sat


202.jpg





ベトナム

笠を持つアオザイを着た少女

あの衣装は実際目の当たりにすると女性に生まれ変わりたくなりますね。
世界中でこれほどシンプルに女性のラインを美しく見せる衣装をほかに知らない。


今から食事 - 2014.07.11 Fri


「フン、わたしたちはいつもカレーよ」









201.jpg



インド ラジャスタン

「さ、お食事よ」
「お姉さまのバーティー、私のより大きいわ」
「ふ、気のせいよ」
「あ、あそこ空いてるわ」

そんな風景


「今日から1週間カレーね」  - 2014.07.10 Thu




200.jpg








「カレーだ!イヤッッホォォォオオォオウ!………」



新車はいかが?  - 2014.07.09 Wed





199.jpg




フィアット ムルティプラ600 VAN

全車両の自動航行が一般的になれば安全ボディーはいらなくなるから
こんな車がまた街を賑わすんじゃないかな?

人と比べてスケールがおかしく見えるけどイタリア人のモデルさんならこんなもんかな?
全高が1520mmだから今見るとミニカーみたいなスケールだね。

中央のピラーのないクルマ便利なんだけどなぁ。
昔日産プレーリーとかあったね。





壷を持つ少女 - 2014.07.08 Tue






198.jpg





サウジアラビア東部州フフーフの民族衣装
ヘッドスカーフ
風通しが良くて意外と涼しそうなのです。





駆る - 2014.07.08 Tue

モンゴル、ザハチン族の羊革外衣

お転婆な花嫁といったところかな

197.jpg


あーバイク乗りたい。



舞う - 2014.07.06 Sun

ベツレヘムの儀式用のドレス

196.jpg




茶褐色に鮮やかな刺繍
現代の我々の服と違って実に時間をかけ丁寧に織られ、
また、丹念に刺繍を施す。
しかし時間切れ(言い訳



今日は一日家族で買い物に出かけた。
ステアリングを握っても切り返しで右肩に激痛が走ることはなくなった。
ステアリングサーボがなければダメだろうけど。
やや違和感は残るものの時間の問題だろう。

探していたのは「練りゴム」「練り消しゴム」いわゆる画材の部類で木炭デッサンとか鉛筆画に使うものだ。
中世の人はパンくずを使ったと聞くが、パンは食うものだ。

当たり前と言えばそうかもしれないが、そこらのスーパーには置いてない。

最近絵手紙とか流行ってるので少し大きな文房具屋さんに行けばあるだろうと思い
3件ほど行ってみるとどこも置いてない。
名古屋まで出ればあるのは分かっているのは確実だけれど
混沌とした人ごみの中に我が身を投入する勇気はまだないので
近場で探すことにする。

なんてことはない。一番近い文房具屋がレイアウトを変えていただけで見逃していたのだ。
しかし、模様替えされたその場所は圧倒的にアイデアグッズ、ファンシーグッズが占めており
そこにクリエイティブな道具を選ぶあの独特なときめきは皆無だった。

紙の種類とか少しは選べるといいのだけれど、昔ほどのこだわりはないので
コピー用紙ほどのクオリティがあればいい。
ならばそこは100円均一で十分だ。







あ、父様! - 2014.07.05 Sat



195.jpg




メキシコ、グアテマラの民族衣装
父親の帰宅に刺繍の手を止めて立ち上がる娘




ちょっと昔のカナダの子供 - 2014.07.04 Fri

森薫さんの「乙嫁語り」読み始めてから図書館に行くと民族衣装の本ばかり見るようになりました。

194.jpg




民族衣装っていいな。


ただいま - 2014.07.03 Thu

たまにはアナログ絵なんぞ描いてみたり。

193.jpg





いまや100円ショップも豊富な画材があって楽しい。
こんなに安いなんて、ワタシが高校時代には考えられなかった。

ライオンズファンでもないのに西武が勝ったら百貨店で画材を買い漁る。
日本シリーズに勝った時なんてもうポスターカラーから墨汁から大人買いしたものでした。





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

エンドー

Author:エンドー
*
落書きとバイクのお話とか
家族のちょっとした出来事を
綴ってます。

カウント

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

落書き (488)
ELIMINATOR 400SE (33)
昭和の特撮ヒロインシリーズ (23)
TRICKER (73)
PIAGGIO CIAO (4)
SEROW 3RW1 (8)
SEROW 3RW3 (6)
ご家庭のイベント (93)
庭 (33)
猫 (35)
DIY (40)
ヤエーv(・∀・)yaeh! (9)
音楽 (3)
自主的営業 (2)
超目分量料理 (17)
未分類 (44)
メンヘラ (55)
創作人形 (28)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR